大学進学準備プログラム International Foundation Programme

コース

  • アカデミックな目的の為の英語 English for Academic Purposes
  • 英語と数学 English with Mathematics
  • 英語とアート&人文学 English with Arts and Humanities
  • 英語と物理学&数学 English with Physics and Mathematics
  • 英語と経済学&財政学 English with Economics and Finance
  • 英語と化学&数学 English with Chemistry and Mathematics

これらのコースを受講する学生はブリストル大学の正規学生として登録され、他の学生と同じ特典を受けることができます。

コースの目的

このコースは、英国内の大学学部、あるいは大学院への進学を目指す留学生の為にデザインされています。コースでは、英語力だけではなく、学習スキルや、ブリストル大学でのコース履修に必要となる専門知識とを同時に身につけることができます。ブリストル大学はもちろん、他大学の大学学部や大学院への出願サポートも受けられます。

コース構成

コースは、主に3学期に分けられます:
  • 10月~12月(秋学期)
  • 1月~3月(春学期)
  • 4月~6月(夏学期)
1年間で、専攻科目に応じて合計120単位を取得しますが、専門科目に加えて、以下のような補助科目も履修します。
  • IELTS準備
  • 現代イギリス学
  • 大学院生の為のリサーチメソッド

1週間の授業時間は最長21時間で、毎週行われる個別のチュートリアルも授業時間に含まれます。

履修科目

English as a Foreign Language 1

文法と語彙力、発音と日々の生活での英語に集中したクラスです。

English as a Foreign Language 1F

既に身に付けたスキルに加えて、英語を操る能力を更に発達させることで、英語を正確に使いこなし、より幅広いテーマに対応できるようになります。

English for Academic Study 1

アカデミックな学習の場で必要となる言葉やスキルの基礎を身につけます。特に、アカデミックな語彙やライティングスキルを、集中して学びます。

English for Academic Study 1F

文章分析、レクチャーリスニングやディスカッションを含む、よりレベルの高い英語スキルの向上を目指します。特に、IELTS試験受験を控える学生に役立つ構成になっています。

English for Specific Purposes 1

EASの中で取り上げられている言語能力を更に磨きあげるコースです。特に、アカデミックエッセイをテーマとして、批判的分析というものがどういうものなのかをはっきり理解することを目的としています。小論文や、関連する口頭のプレゼンテーションを中心に授業が進みます。また、書いた文章の編集などについても学びます。

English for Specific Purposes 2

英国文化と多文化の様々な側面における比較ができる、社会学的テーマに関するレクチャーやセミナーを受講し、一般的な教授方法を体験します。テキストを読む際の、アカデミックな文法の読み解き方についても着目したクラスです。

English for Specific 1F

EAPで取り扱う言語スキルを更にのばします。特に、アカデミックエッセイやセミナーを、テーマにすると同時に、批判的分析について理解を深めます。実際の論文執筆や口頭のプレゼンテーションが課題として与えられます。

English for Specific Purposes 2F

専攻する分野に関して、内容、重要となる概念、言語や論説への導入となるクラスです。大学学部の全段階となる、Aレベルの専門家により授業が行われます。
選択可能分野:

  • アート&人文学のための英語 English for Arts and Humanities
  • ビジネス&経済学のための英語 English for Business and Economics
  • 社会科学のための英語 English for Social Sciences
  • 科学と工学のための英語 English for Science and Engineering
  • 外国語教授のための英語 English for Teaching Foreign Languages
数学 Mathematics

Mathematics 1EM(40単位)
代数、初等微積分学とマトリックスから、大学学部コース進学に通常必要とされる科学、工学、経済学、ビジネス関連科目まで。

Mathematics 1ES(40単位)

微積分学、代数、統計学に関する最初のコースです。GCSEで数学を履修した科学コース1年生のみが対象となりますが、適切な知識を持っている学生であれば履修できます。MATH10600やMathematics 1EMとは異なり、ベクトルやマトリックスではなく統計学について授業が行われます。定期的にチュートリアルや計算実習、課題が与えられます。

Mathematics 1FM(20単位)

積分や、単純な微分方程式、1変数以上の単純な微積分学、マトリックスやベクトルなどについての導入となります。数学に関連する分野で大学学士号取得を目指す学生の為のクラスです。

Mathematics 1FS(20単位)

科学の分野において、興味深く、重要とされる統計への短い導入と同時に、積分やベクトルについての導入にもあたるクラスです。基礎的な確立、統計学的配列、仮説テスト、回帰などについても取り扱います。事前の統計学に関する知識は必要ありません。数学に関する科目で大学学士号の取得を目指す学生の為のクラスです。

物理学 Physics

Physics 1E(40単位)
優秀なGCSEレベル同等の科学・数学の知識を既に有している学生の為にデザインされたクラスです。機械と一般的物理学、光学、電気学、磁気学、原子物理学などについて取り上げます。Physics A2(Aレベルのクラス)と似た内容で、同じような基準の授業です。数学クラスと似てもいますが、このコースは大学1年レベルの物理学関連プログラム進学の準備コースに適した内容です。

財政学と経済学Finance and Economics

Foundations of Finance and Management(20単位)
このクラスは、留学生(同時に英語スキルも伸ばしたい学生)が、財政学、会計学、経済学あるいはこれらに関連する科目コースへの進学を目指す学生の為のコースで、会計学や経済学に関する言葉や概念に親しむことができます。財政学的決定、会計学、ミクロ経済学や市場、マクロ経済学についても取り上げます。

化学 Chemistry

Chemistry 1E(40単位)
Aレベルの化学知識と同等の基準まで、学生を引き上げる目的のクラスです。化学的構造や化学量論について定義し、分子の形に関する討論、主要な元素の特性や無機物の合成物について述べることで、原子や分子結合の電子構造へと導きます。エネルギー、均衡、化学的動力学に関する概念についても学びます。水溶性の特性を見つける際に重要となる、酸/塩基溶解平衡や、酸化/還元プロセスなどについても議論します。構造上の有機的化学についても、炭化水素について学ぶことを通して触れます。有機的反応における単純な機能上のグループやメカニズム、生物学上重要な分子についても取り上げます。また、実践的なセッションやチュートリアルも含みます。

Mathematical Basis of Chemistry (1SM) (20単位)

化学を学ぶにあたって必要となる数学の基礎的原理やその使い方について学びます。基本的な方程式や再配列、指数、対数、幾何級数、三角法、2次式や、連立方程式、級数、複合数、ベクトル、マトリックスや微積分学への導入などについても取り上げます。正式な証明というよりは、化学においてどのように数学を利用するのかに着目したクラスです。化学的動力学や分光学、化学的均衡、化学的化合、結晶学、熱力学、pHや量子認識などに関する問題への応用についても取り上げます。

入学条件

【年齢】プログラムの1学期に18歳以上である方が対象

English for Academic Purposes

IELTS 4.5以上(ライティング4.0以上)
大学学部進学を目指す場合には、高校を優秀な成績で卒業しており、大学院進学を目指す場合は、大学院で専攻を希望する分野に関連する大学学士号を有し、優秀な成績を修めていること。

English with Mathematics
English with Physics and Mathematics
English with Economics and Finance
English with Chemistry and Mathematics

IELTS 5.5(ライティング5.0以上)
大学学部進学を目指す場合には、高校を優秀な成績で卒業しており、大学院進学を目指す場合は、大学学士号を有し、優秀な成績を修めていること。専攻する関連科目に関する基礎的な知識を有していることの証明できること。(例:数学、物理学、化学)

English with Arts and Humanities

IELTS 6.0(ライティング5.0以上)/OEFL 577/ 233 (TWE / Essay Rating 4.0以上)
大学学部進学を目指す場合には、高校を優秀な成績で卒業しており、大学院進学を目指す場合は、大学学士号を有し、優秀な成績を修めていること。

取得資格

このコースで既定の成績を修めることができれば、ブリストル大学からUniversity of Bristol Pathway Certificate in Foundation Studiesが授与されます。

コース日程

2010年10月4日(月)~2011年6月24日(金)

学費

大学進学準備コースの学費はこちら(現地英語サイト)